苔アートのアマビエに見物相次ぐ…大分・臼杵

大分県臼杵市南部の長目半島にある破磯(はそ)集落の県道の擁壁に、苔(こけ)を削って描いた疫病除けの妖怪「アマビエ」が登場した。地元の漁業薬師寺正治さん(68)が「沈みがちな時だからこそ、面白いものを描こう」と企画。7日夜、擁壁にプロジェクターで図柄を投影し、家族12人でヘラを使い、アマビエの姿を浮かび上がらせた。突然現れた縦横約6メートルの「苔アート」は地元で話題になり、インターネットで知った見物客も訪れている=西部本社 長野浩一撮影 2020年6月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 26
  3. 27
  4. 28
  5. 166

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ