田んぼアートでコロナ禍収束願う…山口・岩国

山口県岩国市周東町の水田に「コロナにマケナイ」と描かれた田んぼアートが、見頃を迎えている。新型コロナウイルスの影響で東京五輪開催が来年に延期となったため、4月上旬、デザインを当初の五輪をイメージしたものや、干支(えと)のネズミから変更した。例年は、水田の持ち主の農家・世良輝久さん(70)さんら地元住民と、市立米川小の職員や子供らで田植えをして作ってきたが、今年は子供らが参加せず、6月上旬に約20人で植えた。穂が黒くなるもち米を使ってデザインされており、縦約12メートル、横約21メートルで、初秋の緑色の稲穂の中にくっきりと浮かび上がった。世良さんは「10月中旬の刈り入れまでには稲穂が黄色くなり、文字は鮮やかさを増します」と話した=西部本社写真部 田中勝美撮影 2020年9月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 167

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ