中曽根元首相の合同葬、営まれる

昨年11月に死去した中曽根康弘・元首相の内閣・自民党合同葬が17日、東京都内のホテルでしめやかに営まれた。秋篠宮ご夫妻をはじめ、各界の代表ら約640人が参列し、日米同盟の強化や国鉄民営化などに尽力した中曽根氏の冥福(めいふく)を祈った。葬儀委員長の菅首相は「次世代の我が国の姿を見据え、必要な改革を実行され、国際社会の平和と繁栄に貢献された」と功績をたたえた。その上で、「先生が推し進められた改革の精神を受け継ぎ、国政に全力を傾けることを誓う」と決意を語った。友人代表を務めた渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆の追悼の辞は、山口寿一社長が代読した=代表撮影 2020年10月17日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 166

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ