鹿児島に秋到来告げるバショウカジキ「秋太郎」

鹿児島に秋の訪れを告げるバショウカジキの漁が本格化している。鹿児島市中央卸売市場魚類市場では20日早朝、体長2メートル前後、重さ20~30キロ台のバショウカジキがずらりと並んだ。観賞用植物の、バショウの葉に似た大きな背びれが特徴の回遊魚。9月中旬から10月末にかけて県沿岸の東シナ海で多く取れ、「秋太郎」の愛称で親しまれている。最近の冷え込みで入荷が増え、脂も乗ってきているという=鹿児島支局 佐々木浩人撮影 2020年10月20日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 166

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ