[鉄印帳を携えて] 智頭急行(鳥取編)

鳥取、岡山、兵庫県の1市3町1村を結ぶ智頭(ちず)急行は1994年に開業した。路線は全14駅の56.1キロを1時間あまりで結ぶ。路線を経由し走行する特急「スーパーはくと」は、鳥取と大阪を約2時間半で結び、観光からビジネスまで、幅広い目的で利用されている。鳥取県内では、智頭駅で鉄印を入手できる。駅から10分ほど歩くと、かつて宿場町として栄えた「智頭宿」にたどり着く。威風堂々とした邸宅「石谷家住宅」は国の重要文化財で、敷地は約3000坪、部屋数は40を超える。建物内には喫茶スペースがあり、ゆったりとくつろげる。智頭急行は、東隣の「恋山形(こいやまがた)駅」を、駅名にちなみ「恋がかなう駅」としてPRしている。ホーム全体がピンク色で、駅名表示のプレートもハート形。ホームには絵馬を掛けるスペースがあり、恋愛成就などの願いが込められたハート形の絵馬が掛けられている=鳥取支局 門前光撮影 2020年11月13日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 163
  3. 164
  4. 165
  5. 336

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)