読売新聞オンライン

メニュー

時を照らす「旧大野木場小学校」長崎県南島原市

1991年9月の大火砕流で全焼した南島原市(当時深江町)の旧大野木場小学校跡。焼け残った外壁や焼け焦げた教室は、住民の熱意で、当時のまま保存され、災害の教訓を伝える災害遺構として多くの人々が訪れている。防災の意識、地域への思いは新校舎に通う児童たちに受け継がれている=西部本社写真部 中山浩次撮影 2020年12月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 228

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)