チェーンソー作家が干支の御柱奉納…山口・防府天満宮

来年の干支(えと)の「丑(うし)」にちなみ、牛の家族を彫った「干支の御柱(おんばしら)」が5日、山口県防府市の防府天満宮にお目見えした。同市出身のチェーンソーアート作家で、国内外のコンクールで優勝歴がある大工の林隆雄さん(48)(山口市)が、2015年から毎年奉納。神事に続き、林さんが彫刻の実演を披露し、約15分で牛の姿が完成すると、見物客から大きな拍手が送られた。高さ2・5メートル、ヒノキ製の御柱は、来年2月10日まで表参道中段に飾られる=山口総局 長野浩一撮影 2020年12月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 336

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)