年男、年女が「豆わかち」…山口・防府天満宮の節分祭

山口県防府市の防府天満宮で2日、節分祭が行われた。例年、年男と年女が参拝客らに向けて豆をまくが、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、豆が入った袋を手渡す「豆わかち」をした。境内の春風楼では、かみしも姿の年男と年女が、天満宮のシンボルの牛にちなんだ「鬼は外、福は牛」のかけ声に合わせて少量の豆をまいた後、豆が入った3000袋を参拝客1人に1袋ずつ配った=山口総局 長野浩一撮影 2021年2月2日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 321

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)