節分は鯨料理! 山口で食の推進大会

山口市で3日、「くじらを食べよう」推進大会が開かれた。県内で古くから「大きいものを食べて邪気を払う」として、節分に鯨料理を食べる文化があることや、2019年7月、国内の商業捕鯨が31年ぶりに再開したことを機に、水産関係団体などが企画。村岡知事や鯨肉料理の提供店舗の関係者らが、鯨肉の刺し身や鯨のカツが入った恵方巻などを味わい、鯨食(げいしょく)文化の普及を誓った=山口総局 長野浩一撮影 2021年2月3日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 134
  3. 135
  4. 136
  5. 337

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)