読売新聞オンライン

メニュー

名神高速道で停止、あおり運転容疑…滋賀県警が男を書類送検

名神高速道路で後続車の走行を妨害したとして、滋賀県警高速隊は18日、同県愛荘町の廃棄物処理会社役員の男(47)を道路交通法違反(あおり運転)容疑で大津区検に書類送検した。昨年6月施行の改正道交法で新設された「あおり運転(妨害運転)罪」を適用したのは県内で初めて。発表では、男は軽トラックを運転中の昨年12月22日午前9時10分頃、名神高速下り線で、大阪府内の男性(52)運転のトラックが前方へ車線変更したのに腹を立て、追い抜いた上で瀬田東ジャンクション(大津市大江)の路上に数分間停車し、トラックなど後続車の走行を妨害した疑い。「割り込まれたと感じ、文句を言おうと車を止めた」などと供述しているという=滋賀県警提供 2021年2月18日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 30
  3. 31
  4. 32
  5. 228

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)