読売新聞オンライン

メニュー

未来の情報ストレージ「ブラックホール・レコーダー」って何?

最新のブラックホール理論に基づいた、未来の情報記憶装置「ブラックホール・レコーダー」のプロトタイプが12日、東京都内の理化学研究所施設で発表された。登壇したのは、一見役に立たなそうなプロトタイプで未来の可能性を可視化するプロジェクト「Useless Prototyping Studio」のメンバーたち。読売新聞の編集委員で、宇宙科学を担当する吉田典之が、彼らの真の狙いを取材した=東京本社配信部撮影 2021年3月13日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 24
  3. 25
  4. 26
  5. 230

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)