「多頭飼育崩壊」か 大田区の女を逮捕 動物愛護法違反容疑

劣悪な環境で犬を飼育したとして、警視庁蒲田署は、東京都大田区の自称占い師の女(46)を動物愛護法違反(虐待)容疑で逮捕した。女の自宅からは犬や猫、爬虫(はちゅう)類など24種類計58匹が見つかったり、蒲田署はペットを数多く飼いすぎて適切に管理できない「多頭飼育崩壊」の状態に陥っていたと見ている=東京本社写真部 橘薫撮影 2021年4月14日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 131
  3. 132
  4. 133
  5. 349

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)