高杉晋作155回忌法要…山口・下関

幕末の志士、高杉晋作(1839~67年)の命日の14日、墓所がある山口県下関市の東行庵(とうぎょうあん)で155回忌法要が営まれ、住民らが明治維新の原動力となった高杉の遺徳をしのんだ。東行は高杉の雅号。有福孝岳・同庵兼務住職が、倒幕につながった功山寺決起など高杉の事績を振り返り、「幕末維新の大功臣」とたたえた。参列者は墓前で焼香し、手を合わせた。法要後、近くの東行記念館講堂で今年1月に89歳で急逝した松野實應(じつおう)・前兼務住職のお別れ式も行われた=下関支局 杉尾毅撮影 2021年4月14日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 118
  3. 119
  4. 120
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)