深海の珍種・サメハダホウズキイカ公開…山口・海響館

深海に生息するサメハダホウズキイカが18日、山口県下関市の水族館「海響館」で公開された。生きた状態での展示は珍しく、同館では2009年以来。サメの肌のように表面がざらざらし、ホオズキに似た形をしているのが名の由来。目と消化器のほかは透明で、温熱帯の深海などに生息している。クラゲとともに暗い水槽をふわふわと漂い、時折機敏に動く姿に、来館者から「かわいい」との声が上がった。「深海と環境が異なるので長生きは難しい」と担当者。今後、標本にするという=下関支局 杉尾毅撮影 2021年4月18日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 72
  3. 73
  4. 74
  5. 318

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)