下北半島 動物たちの出産シーズン

自然豊かな青森県の下北半島で、初夏の訪れとともに動物たちが出産シーズンを迎えている。「北限のサル」と知られるニホンザルを飼育する脇野沢野猿公苑(むつ市)では、8日までに子ザル4頭が誕生。尻屋崎(東通村)では県の天然記念物「寒立馬」の子馬1頭が生まれ、愛らしい表情を振りまいている。いずれも、出産シーズンは6月頃まで続く=青森支局むつ通信部 古林隼人撮影 2021年5月14日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 109
  3. 110
  4. 111
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)