読売新聞オンライン

メニュー

「アイガモ農法」用ヒナ出荷最盛期…大阪・松原

無農薬農業で活躍するアイガモのヒナの出荷が、大阪府松原市の販売会社「ツムラ本店」で最盛期を迎えている。アイガモは、水田に放たれ、害虫を駆除したり、雑草を除去したりする。飼育場では、生まれて間もない体長約12センチのヒナが、鳴き声を上げながら元気に走り回っている。出荷は5月に始まり6月下旬までに約3500羽を全国の農家に届ける=大阪本社写真部 宇那木健一撮影 2021年6月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 229

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)