九州・広島・滋賀など12県で住宅539棟が被害

停滞する前線の影響による西日本を中心にした大雨は、多くの被害を出している。総務省消防庁の15日午前11時現在のまとめによると、九州6県、広島県、島根県、愛媛県、和歌山県、滋賀県、岐阜県の計12県で住宅539棟が全壊、床上・床下浸水などの被害を受けた(読売ヘリから)=大阪本社写真部 永尾泰史撮影 2021年8月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 32
  3. 33
  4. 34
  5. 278

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)