イグ・ノーベル賞受賞 歩きスマホが通行の流れにどう影響するかを調べる実験

ユニークで奥深い研究に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の授賞式が9日(日本時間10日)、オンラインで行われた。歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」が通行の流れをどう乱すかを群集実験で明らかにした村上久・京都工芸繊維大助教ら日本の研究チーム4人が「動力学賞」に選ばれた。日本の研究者の受賞は15年連続=村上久・京都工芸繊維大助教提供 2021年9月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 24
  3. 25
  4. 26
  5. 278

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)