岸田首相 衆院選を「未来選択選挙」と位置付け

衆院は14日の本会議で解散された。政府は続く臨時閣議で、第49回衆院選の日程を「19日公示・31日投開票」に決定し、与野党は事実上の選挙戦に入った。自民、公明両党の連立政権と、立憲民主党を中心とする野党勢力による政権選択の選挙となる。新型コロナウイルス対策や経済政策が主な争点だ。衆院選は2017年10月以来、4年ぶり。岸田首相は14日夜、首相官邸で記者会見し、今回の衆院選を「未来選択選挙」と位置付けた。その上で、「国民の大きな関心事はコロナ対策だ。現状にどう対応するか、危機的な状況を乗り越えた先にどんな社会を見ていくのかが、大きな争点になる」と述べた=代表撮影 2021年10月14日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 29
  3. 30
  4. 31
  5. 322

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)