福徳岡ノ場と西之島 【最新空撮映像】

小笠原諸島付近の海底火山「福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)」で今年8月、11年ぶりに噴火が確認された。噴火によって出現した新島は、直後は長さ約1キロ・メートルの馬蹄(ばてい)形だったが、波や風雨で削り取られ、半分程度に小さくなっていた。新島の大部分は、噴出した軽石や火山灰が降り積もったもので、波や風雨で削られやすく、いずれは海没するとみられている。一方で2013年から噴火を繰り返してきた小笠原諸島・西之島は噴火の影響で全域が溶岩に覆われている。旧西之島と一体化し、休止を挟んで噴火を繰り返しながら陸地の面積が拡大している(読売機から、2021年10月7日)=東京本社写真部 竹田津敦史撮影 2021年10月27日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 70
  3. 71
  4. 72
  5. 334

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)