第73回正倉院展の内覧会…奈良

奈良・正倉院に伝わる宝物を年に1度公開する「第73回正倉院展」(主催・奈良国立博物館、特別協力・読売新聞社)の内覧会が29日、奈良市の奈良国立博物館で開かれ、約820人の招待客が初公開8件を含む55件の宝物に見入った。一般公開は30日~11月15日(会期中無休)。会場には、ヤコウガイなどでインコの姿を描いた四弦の楽器「螺鈿紫檀阮咸(らでんしたんのげんかん)」や、ガラスの器「白瑠璃高坏(はくるりのたかつき)」、極彩色に彩られたお香の台座「漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)」といった至宝が並ぶ。今年は文房具も豊富に出展され、正倉院に唯一伝わる硯(すずり)のほか、筆、墨、紙など、奈良時代に浸透していた書の文化を紹介する。新型コロナウイルス対策のため、昨年に続いて事前予約が必要な日時指定入場制を導入し、入場者数を制限しており、当日券の販売は行わない=大阪動画班 佐々木沙綾撮影 2021年10月29日公開 ※音声はありません

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 23
  3. 24
  4. 25
  5. 319

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)