竜王戦七番勝負第3局 大盤解説ダイジェスト②

解説:佐々木慎七段、伊藤真吾六段 藤井三冠の妙手「▲2二角」に対して、大長考に入った豊島竜王。1時間半近くに及ぶ大長考の末、選択したのは、こちらも「プロなら指しづらい」といわれていた意外な一手でした。勝負の流れを決めた2手の濃密なやりとり。その瞬間、現地ではどんな検討が行われていたのでしょう=2021年11月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 79
  3. 80
  4. 81
  5. 348

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)