大谷選手、会見で「二刀流」で活躍のシーズン振り返る

米大リーグで投打の「二刀流」で活躍したエンゼルスの大谷翔平選手(27)が15日、東京都千代田区の日本記者クラブでの記者会見に出席し、米球界を席巻した渡米4年目のシーズンを振り返った。来季に向けては「もっともっと高いレベルで数字が残ると思う」と意気込んだ。大谷選手は10月末に帰国し、この日は上下グレーのスーツにネクタイ姿で、記者会見場に登場した。投手として9勝2敗、156奪三振をマーク。「一番よかったのは、イニング数、試合数をこなせたこと」と話した。日本人最多記録を塗り替える46本塁打を放った打撃については「46本まず打てたというのが一番」と控えめに述べた。大谷選手は、ア・リーグの最優秀選手(MVP)最終候補の3人にも入っている。既に数々の表彰を受けており、「ありがたいこと。今年やってきたことを評価してもらえるのはうれしい」と笑顔を見せた=代表撮影 2021年11月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 279

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)