オリンピックに挑み、箱根駅伝も走った「天才ランナー」竹澤健介さんの金言

2000年代初頭の箱根駅伝で名門・早稲田大のエースとして大活躍し、3年生で世界選手権、4年生で北京オリンピックに出場した学生トップランナーがいた。竹澤健介さん(35)(現・大阪経済大陸上競技部長距離ヘッドコーチ)。箱根駅伝では2区と3区を走り、2年時から3年連続となる区間賞に輝いた一方、五輪や世界陸上では世界の厳しさを肌身に感じた経験を持つ。21年夏に開催された東京オリンピックに刺激を受けた学生ランナーたちが競い合う第98回箱根駅伝(2022年1月2、3日)を前に、竹澤さんが自身の現役時代を振り返り、後輩への熱いメッセージも発した=取材・撮影 編集委員・千葉直樹、込山駿 2021年12月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 10
  3. 11
  4. 12
  5. 323

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)