今年の漢字は「金」…各界で金字塔

2021年の世相を表す「今年の漢字」に「金」が選ばれ、世界遺産・清水寺(京都市東山区)で13日、森清範(せいはん)貫主(かんす)が揮毫(きごう)した。金が選ばれるのは五輪が開催された00、12、16年に続き4度目。公益財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)が1995年から毎年公募。応募総数22万3773票のうち、「金」が最も多い1万422票を集めた。東京五輪・パラリンピックで日本が多くの金メダルを獲得したほか、米大リーグの大谷翔平選手が投打の二刀流で活躍し、将棋の藤井聡太竜王が最年少四冠を達成するなど、各界で金字塔が打ち立てられたことが理由に挙がった。2位は1位と過去最少の118票差で「輪」、3位は「楽」だった=代表撮影 2021年12月13日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 65
  3. 66
  4. 67
  5. 347

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)