トンネル内に流れ込んだ水、作業員が取り残され丸1日経過…救出の見通し立たず

16日午前9時30分頃、大阪府守口市大日町で、掘削工事中のトンネル内に水が流入し、現場にいた20歳代の男性作業員が取り残された。地元の消防などが救助作業を続けた。事故は発生から丸1日が経過。午前10時時点で作業員の生存は確認されているが、土砂の撤去作業が難航しており、救出の見通しは立っていない(読売ヘリから)=大阪本社写真部 前田尚紀撮影 2021年12月17日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 321

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)