時代の証言者 昭和の牛若丸 藤ノ川豪人

元関脇藤ノ川は1966年(昭和41年)九州場所で新入幕を果たす。72年(同47年)九州場所で引退するまで、小兵ながら殊勲賞1度、敢闘賞2度、技能賞4度の三賞を獲得するなど、土俵の円を思う存分に暴れ回った。その取り口は「小さな力士が大きな力士をどう攻略するか」の手本だ。DVDは藤ノ川が伊勢ノ海親方として相撲部屋の弟子を指導する際、「見せる教材」として親方自身が厳選した取組21番で、1997年に作成された。読者の方々は、体重無差別で行われる大相撲ならではの醍醐味や面白さを堪能できるだろうし、今の現役力士にも参考にしてほしい映像だ=2022年1月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 319

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)