昨年はコロナ禍で中止の「蹴鞠初め」実施…京都・下鴨神社

下鴨神社(京都市左京区)で4日、昨年はコロナ禍で中止された「蹴鞠初(けまりはじ)め」が行われた。平安貴族がたしなんだ蹴鞠を披露する恒例行事。色鮮やかな装束を着た「蹴鞠(しゅうきく)保存会」の8人が、「アリ」「ヤア」「オウ」という独特の掛け声を発しながら、地面に落ちないように鞠を蹴り合った。神社側は新型コロナウイルス対策で声援を控えるよう呼びかけ、鞠が連続して宙を舞うと、初詣客ら約1000人から大きな拍手が起きた。保存会の上田恒弘理事長(75)は「コロナで稽古は十分にできなかったが、応援が励みになった」と話した=大阪動画班 大塚直樹撮影 2022年1月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 5
  3. 6
  4. 7
  5. 323

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)