冷え込み十分で高品質 寒天の天日干し…長野・茅野

厳しい寒さが続く中、長野県諏訪地方では冬の特産品・角寒天(かくかんてん)の天日干しが最盛期を迎えている。茅野市の農閑期の田んぼに設けられた干し場では、早朝、寒天製造・販売「マルゴ商店」の従業員たちがテングサなどを煮て作った生の寒天(長さ約30センチ、幅4センチ)を作業台に手際よく並べ、寒風にさらしていた。朝晩の冷え込みで凍りつき、日中に解けて水分が抜ける工程を繰り返し、2週間ほどで乾燥した角寒天ができあがる。五味徳雄社長(74)は「今季は好天に恵まれ、冷え込みも十分で、質の良い寒天ができている」と話す=東京本社写真部 田中秀敏撮影 2022年1月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 322

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)