レトロな案内表示装置「パタパタ」、間もなく「引退」…京急川崎駅

京急電鉄のホームで「パタパタ」と音を鳴らしながら電車の発車時刻や行き先を伝えていた案内表示装置が、2月中旬、「引退」となる。京急では1986年に初めて登場し、現在は川崎駅の5機だけとなった。同社によると、関東地方の鉄道ではここにしか残っていないという。ホームでは、スマートフォンで撮影する利用客の姿が見られた=東京本社デジタル編集部 加藤雅浩撮影 2022年1月19日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 319

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)