パンダ成長記・楓浜、4月に「ひとり立ち」へ…和歌山・白浜

和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で飼育されている雌のジャイアントパンダ「楓浜(フウヒン)」は、4月上旬から母親の良浜(ラウヒン)と離れて生活することになった。ジャイアントパンダは単独生活する動物で、1歳~1歳半頃に母親から「ひとり立ち」する。1歳3か月の楓浜は体重が40キロ近くに増え、永久歯が生えそろってきて竹を1日に1キロ前後食べるようになった。自分だけで過ごす時間も多くなってきたため、「ひとり立ち」の準備を始めた。27日朝は、楓浜は芝生に寝そべる良浜の上によじ登ったり、激しくじゃれ合ったり。その後は、遊具の上でのんびりと寝ていた=和歌山支局 湯川大輔撮影 2022年2月27日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 34
  3. 35
  4. 36
  5. 333

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)