九七式艦上攻撃機の実物大模型完成…兵庫・加西

太平洋戦争で特攻に使われた空母艦載機「九七式艦上攻撃機」(九七艦攻)の実物大模型が完成し、9日、兵庫県加西市の旧海軍鶉野(うずらの)飛行場跡で公開された。一般公開は4月18日に同跡地に開設される拠点施設「sora(そら)かさい」で行われる。九七艦攻は戦時中、同飛行場に訓練機として配備され、特攻隊員らが練習飛行を重ねた。実物大模型は、同市が特攻の史実を伝えようと約1900万円かけて製作。2019年に造った戦闘機「紫電改」に続く2機目となる=大阪本社写真部 中原正純撮影 2022年3月9日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 30
  3. 31
  4. 32
  5. 332

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)