陸奥湾沿岸で大量のイワシが打ち上げられる…青森・横浜町

青森県横浜町の陸奥湾沿岸で、約20キロに渡って大量のイワシが打ち上げられ、町職員やボランティアの町民らによる回収作業が行われている。町によると、イワシは2月中旬から漂着し始め、現在は町の海岸全域に漂着している。放置すると腐って悪臭の原因となるため、町は、民家に近い計約1.7キロの範囲で回収することを決めた。7、8日は計約160人の町民が参加。町職員らとともにイワシを拾い集めた。作業は17日頃まで続く予定で、回収したイワシは焼却処分される。陸奥湾沿岸では、2018年にもイワシが大量に漂着した。県産業技術センター水産総合研究所の野呂恭成・総括主幹研究専門員は「いずれも、急激な水温低下でイワシが仮死状態になり、西風によって打ち上げられた可能性がある」と指摘している=青森支局 古林隼人撮影 2022年3月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 29
  3. 30
  4. 31
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)