京都・城南宮で「枝垂れ梅」が見頃を迎える

京都市伏見区の城南宮で、約150本の「枝垂れ梅」が見頃を迎え、薄紅色と白色の梅の花をまとった枝が春風に揺れている。昨年より10日ほど遅く見頃となり、3月中旬ごろまで楽しめるという。梅の花の香りが漂う神苑「春の山」は、小川のせせらぎや苔むした風情が美しく、参拝者らは熱心に写真に収めていた=京都総局 河村道浩撮影 2022年3月14日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 25
  3. 26
  4. 27
  5. 336

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)