「早く平和を」 ウクライナ、ロシアに縁ある切り絵画家、久保修さんの願い

「ウクライナやロシアの仲間は大丈夫だろうか」――。国際的に活躍する切り絵画家、久保修さん(70)は、連日、ロシア軍によるウクライナ侵攻のニュースに接し、切り絵を通して親しくなった現地の人たちの安否が気がかりでならない。「平和とは何か」を考えながら、自身の創作活動と向き合う中、ウクライナに一日も早く平和が訪れることを願った作品を完成させた=東京本社デジタル編集部 長野浩一、加藤雅浩撮影 2022年3月19日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 348

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)