種子島沖でマグロ漁船火災、乗組員4人救助・4人不明

21日午前7時25分頃、鹿児島県・種子島沖の海上で、付近を航行中のコンテナ船から寄せられた「火災船を確認した」との情報を海上保安庁運用司令センターが受信した。乗組員8人のうち4人が救助され、残る4人が不明となっている。火災が起きたのは、高知県の会社が所有するマグロはえ縄漁船「第五十一勇仁丸」(19トン)。第10管区海上保安本部によると、乗組員は日本人2人、インドネシア人6人。インドネシア人3人を航行中の船が救助したほか、海保の巡視船が漂流していた1人を助けたという(音声はありません)=第10管区海上保安本部鹿児島航空基地提供 2022年3月21日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 25
  3. 26
  4. 27
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)