JR九州の観光特急列車「はやとの風」ラストラン

鹿児島県内を走るJR九州の観光特急列車「はやとの風」(2両編成)の運行が21日、最終日となり、地元住民や鉄道ファンらが別れを惜しんだ。2004年に鹿児島中央―吉松間で運行を開始。桜島などの雄大な景色を望む車窓のほか、歴史ある沿線の木造駅舎も人気を集めた。九州豪雨で肥薩線の一部区間が不通となった影響などで、運転見合わせが続いていたが、昨年12月から運行を再開していた。JR九州によると、21日は同区間を2往復し、予約で満席となった。霧島温泉駅(霧島市)では、県立霧島高の生徒らが横断幕や旗などで出迎えた=西部本社写真部 秋月正樹撮影 2022年3月21日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 24
  3. 25
  4. 26
  5. 333

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)