ロシアによるウクライナ侵攻終結願い、「平和の鐘撞き運動」…和歌山

江戸時代にできた和歌山市の「岡山の時鐘堂」(県指定文化財)で24日、ロシアによるウクライナ侵攻の早期終結を願い、鐘の音を響かせる「平和の鐘撞(つ)き運動」が行われた。時鐘堂は、県立近代美術館の近くの小高い丘の上にある。和歌山ユネスコ協会が1948年以降、毎年8月15日の終戦の日に合わせて平和を願い、鐘を鳴らしている。今回の運動は、ウクライナの惨状に心を痛めた同協会のメンバーの発案で実施。集まったメンバーや市民らは代わる代わる鐘を鳴らし、祈りをささげた。同協会の高垣晴夫事務局長(60)は「戦争は国同士の話だが、こんな時こそ人と人との知的、精神的連帯が大切。平和を願う鐘の音が世界中に響いてほしい」と述べた=和歌山支局 平野真由撮影 2022年3月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 24
  3. 25
  4. 26
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)