[鉄路ノート]熊本電気鉄道(熊本県)

九州・山口・沖縄の鉄路に写真部員が足を運び、沿線の風景や関係する人たちにレンズを向ける「鉄路ノート」。熊本電気鉄道は、熊本市中心部の上熊本駅から、熊本県合志市の御代志(みよし)駅までの菊池線10・8キロと、途中の北熊本駅から藤崎宮前駅(いずれも熊本市)までの藤崎線2・3キロの2路線で構成されている。1909年(明治42年)に前身の菊池軌道が創業し、11年から営業運転を開始した。多くの苦難も経験し、45年の熊本大空襲で車両や変電所を焼失。53年の大水害で鉄橋が流されたほか、熊本地震では軌道がゆがんだり、ホームの石積みが倒壊したりした。「菊池電気軌道」「菊池電気鉄道」へと社名が変わり、48年に現在の社名になった。それでも「菊電」の愛称で呼び続ける市民は多い。多くの歴史も乗せながら、熊本を駆け抜ける=西部本社写真部 木佐貫冬星、久保敏郎撮影 2022年3月30日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 24
  3. 25
  4. 26
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)