[鉄路ノート]ゆいレール(沖縄県)

九州・山口・沖縄の鉄路に写真部員が足を運び、沿線の風景や関係する人たちにレンズを向ける「鉄路ノート」。「ゆいレール」の愛称で知られる沖縄都市モノレールは、沖縄県で唯一の鉄軌道だ。沖縄の空の玄関口にある那覇空港駅(那覇市)から、てだこ浦西駅(浦添市)までの全19駅、17キロを片道約40分で結ぶ。県や那覇市、地元企業などが出資し、1982年に第3セクターの沖縄都市モノレールを設立。2003年に那覇空港―首里駅(那覇市)間の12・9キロで開業し、19年にてだこ浦西駅まで延伸した。“台風銀座”の沖縄では鉄製の設備が強い潮風にさらされて、塩害から腐食する恐れが高い。高架橋に敷いたコンクリート製の軌道をゴムタイヤで走る構造には、そんな沖縄ならではの地域事情もある=西部本社写真部 秋月正樹撮影 2022年4月28日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 334

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)