没後100年・山県有朋のゆかりの品を展示…山口・下関

明治の元勲、山県有朋(1838~1922年)を紹介する企画展が、山口県下関市の東行記念館で開かれている。奇兵隊を結成した高杉晋作(1839~67年)との交流を示す史料が並び、来館者が見入っている。山県の没後100年を記念して企画。山県は奇兵隊で頭角を現し、高杉とともに第2次長州征討(66年)などを戦った。会場では、高杉が山県に一度贈ったものの、後に返却を求めたという愛用の酒器「瓢(ひさご)」や、高杉の没後から半世紀を経た1918年に山県が高杉をしのんで書いた和歌書など計21点を公開している。6月19日まで。月曜休館=下関支局 杉尾毅撮影 2022年4月26日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 337

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)