薄緑色の新茶摘む 愛知・西尾で八十八夜

愛知県西尾市の稲荷山茶園公園で2日、「八十八夜行事」があり、かすりの着物を着た女性たちが「茶摘み娘」にふんして薄緑色の新茶を摘んだ。西尾市は抹茶の原料となる「てん茶」の全国有数の産地。立春から88日目に摘んだ新茶は上等とされ、この日に茶を飲むと長生きするとの言い伝えがある=中部支社写真グループ 青木久雄撮影 2022年5月2日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 337

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)