恐竜の化石 テリジノサウルス科の新種と判明…北海道・中川町

北海道中川町の約8300万年前の地層から発見された恐竜の化石が、大きなかぎ爪が特徴のテリジノサウルス科の新種と判明したと北海道大総合博物館の小林快次教授の研究グループが10日、発表した。論文が科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された=ⓒ服部雅人 2022年5月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 335

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)