残る5本が建つ 御柱祭下社里曳き最終日…長野

諏訪大社御柱祭下社里曳き最終日の16日、氏子が山から里に曳き出した柱8本のうち残る5本の「建御柱」が長野県下諏訪町の春宮と秋宮の境内で行われた。これで上社、下社に計16本の柱が建ち、4月にトレーラーによる異例の山出しで始まった6年に1度の大祭が幕を閉じた=長野支局 三浦正基撮影 2022年5月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 332

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)