高さ約2メートル「ラワンブキ」の収穫始まる…北海道足寄町

高さ約2メートルにもなるフキの一種「ラワンブキ」の収穫が北海道足寄町で始まった。20日頃にピークを迎え、7月上旬まで続く。同町鷲府(わしっぷ)の農家鳥羽秀男さん(60)の約3ヘクタールの畑では、直径約10センチのフキの根元を次々に刈り取っていた。鳥羽さんは「今年は1月に雪が多く、根が安定したので伸びがいい」と、大きく育ったフキを見上げていた。足寄町農協によると、町内では農家19戸が約330トンを収穫する見込み。同農協の担当者は「収穫初期は軟らかく、天ぷらにするとおいしい」と話していた=北海道支社報道課 大石健登撮影 2022年6月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 349

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)