猫がマタタビの葉をかむ理由は「蚊が嫌いな物質の放出」…岩手大などのチーム発表

猫がマタタビの葉をかむのは、蚊が嫌いな化学物質をより多く放出させるためだとする研究成果を、岩手大や名古屋大などの研究チームが発表した。葉に含まれる化学物質に蚊よけの効果があることはわかっていたが、かむことによる効果はわかっていなかった。論文が15日、科学誌に掲載される。猫はマタタビを見つけると、葉をかんだり、体にこすりつけて転がったりする「マタタビ反応」をとる。ライオンやトラなどのネコ科動物に共通する本能だ。マタタビ反応は、葉にある化学物質「マタタビラクトン類」が起こすとされてきたが、チームは昨年、猫の神経系に作用する「ネペタラクトール」という化学物質が含まれていることを発見した。チームは今回、かみちぎられた葉から放出される化学物質の総放出量を調べたところ、かまれる前の無傷の葉の10倍以上に増加していたことが分かった。蚊を使った実験では、かみちぎられた葉のほうが防虫効果が高かった。かみちぎられた葉から放出された2つの化学物質の成分比は半々程度だった。チームは2つの物質が混じり合うことで、高い防虫効果を発揮するとみている=岩手大提供 2022年6月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 350

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)