読売新聞ビルで開催中、「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展の見どころを紹介

貴重なSPレコードを展示する「明治・大正・昭和 レコードと暮らし」展(読売新聞東京本社、「ぐらもくらぶ」共催)が、東京・大手町の読売新聞ビル3階ギャラリーで開かれている。戦前のSPレコードのほか、蓄音機、NHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」で使われた戦前型マイクなど約100点を展示。ぐらもくらぶ代表の保利透さんが、見どころを紹介する。会期は7月29日まで(土日祝日は休み)。午前10時~午後7時。入場無料=東京本社デジタル編集部 長野浩一撮影 2022年6月15日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 350

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)