「作業員が建築資材の下敷きに」と119番、上半身挟まれ死亡…東京・港区

16日午前9時5分頃、東京都港区西新橋の9階建てビルの解体工事現場で、「作業員が崩れた壁の下敷きになった」と119番があった。東京消防庁や警視庁愛宕署によると、30歳代の男性作業員が建物の9階部分で作業中、崩れたコンクリート壁の下敷きになり、まもなく死亡が確認された。同署が事故の経緯などを調べている。現場は、JR新橋駅から西に約400メートル離れた高層ビルが立ち並ぶ一角(読売ヘリから)=東京本社写真部 武藤要撮影 2022年6月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 349

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)