トヨタGR発表会、豊田社長がデモ走行を披露

トヨタ自動車の豊田章男社長は19日、新しいスポーツカーシリーズ「GR」の発表会で、自らハンドルを握り、デモ走行を披露した。同シリーズは、ドイツのニュルンベルグ24時間耐久レースなどで培った技術やノウハウを生かして開発された。豊田社長は、モリゾウの登録名で自動車レースに参戦しており、同シリーズの開発にも深く関わっている。デモ走行では、同じく自動車レースのノウハウを生かして開発された人気スポーツカー「86(ハチロク)」の高性能モデルを運転し、GRの宣伝に一役買っていた=メディア局ストリーム班撮影 2017年9月19日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 9

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ