[鉄印帳を携えて] IGRいわて銀河鉄道(岩手県)

盛岡駅(盛岡市)から金田一温泉駅(二戸市)を経て青森県境まで、17駅82㌔を走るIGRいわて銀河鉄道。盛岡駅から乗車すると隣の青山駅で鉄印がもらえる。IGRの鉄印は、台紙に和紙を使い、書道が得意な女性駅員が筆で書いた「いわて銀河鉄道青山駅」の文字が印刷されている。青山駅には、県産の食材を使った駅中レストラン「びすとろ銀河」があり、ランチを中心に営業。県産の野菜が入っているびすとろカレーや二戸市産の佐助豚のハンバーグなどのメニューがある。青山駅を出て、市街地を抜けると緑が近付いてくる。好摩駅を過ぎたあたりは、周囲に田んぼが広がり、左には南部富士の別名を持つ岩手山、右には姫神山を望むぜいたくな景色が楽しめる。岩手川口駅に着くと、駅前には地元出身の宝塚歌劇団のスターの功績をたたえる遊歩道「園井恵子 花のみち」があり、季節の花が咲き誇る。3駅進んだ奥中山高原駅近くでは、今の時期は紅葉がきれいで、冬にはスキーを楽しむことができる=盛岡支局 冨田駿撮影 2020年10月29日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 13

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ